ピックアップ記事一覧
質問、相談、大歓迎です♪

近藤式ネット物販スクールは本当に役立つ情報教材なのか?

 

 

 

皆さんは、信頼できるWebサイトのデザインというと、どのようなデザインを思い浮かべますか?

 

Jakob Nielsen氏は信頼感を相手に伝える手段として

 

・デザインの品質

・実直な情報の開示

・最新かつ網羅的な内容

・外部Webサイトとのつながり

 

を挙げています。

 

デザインの品質について考えてみますと、画像の使い方がとても重要です。

 

人は複数の画像を並べられると無意識に前後のつながりを連想して、特定の意味やストーリーを解釈するという心理効果があるようです。

 

これをクレショフ効果と呼びます。

 

確かにWebサイトは、直接関係のない写真を効果的に使用して、見ている相手に何かメッセージを伝えようとして作られていることが多いですね。

 

どうしてそんなことを考えたかというと、今回紹介する情報教材「近藤式ネット物販スクール」を販売しているWebページを見て衝撃を受けたからです。

 

白地にただ文字が書かれただけのWebサイトで、写真やイラストなどはまったく使用されていません。

 

このページをみて、商品を信頼し、購入する人が発生するとは思えません。

 

これでも売れているのであれば、もしかしたら圧倒的に内容が優れているのかもしれません。

 

気になってしまったので、今回は近藤式ネット物販スクールについて考察してみたいと思います。

 

参考URL:http://shunsukekondo.com/sub/ks39/

 

 

1.近藤式ネット物販スクールについて

 

近藤式ネット物販スクールは、主にメルカリやヤフオクといった、多くの日本人が使用しているサイトから商品の仕入れを行い、日本人向けにAmazonで商品を転売して稼ぐという内容となっています。

 

 ライバルの真似をしていて本当に稼ぐことができるのか

 

 

近藤駿介】「近藤式M&Aプログラム」は解約するべき?【詐欺・返金】

 

 

近藤式ネット物販スクールのノウハウは、「ライバルのマネをして稼いでいく」方法です。

 

・仕入れ先はメルカリやヤフオク

・販売先は国内のAmazon

・主な取扱商品ジャンル:家電(中古品含む)

 

と記載されています。

 

国内転売は、参入障壁が低い分ライバルが多く存在しているので、売れそうな商品を仕入れようとしてもライバルに取られてしまい、仕入れる事ができません

 

そこでこの情報教材のノウハウを活用するのです。

 

使用するツールは下記のとおりです。

 

・メルカリツール(ライバル情報のリサーチ)

ビジネスがうまくいっているライバルを指定し、そのライバルがどのような仕入れをしているのかという情報を手に入れるツールです。

 

どんなキーワードで仕入れしているのか簡単にわかる機能を持っています。

 

・メルカリツール(アラート)

自分が目を付け登録した商品がメルカリに出品された時、メールで通知がくる機能を持っています。

 

・在庫切れ抽出ツール

Amazonで在庫切れしている商品、つまり今出品すれば確実に売れるであろう商品情報を集める機能を持っています。

 

上記ツールを活用して

 

・商品リストの構築

・仕入れリサーチ

・価格交渉

 

を実施するというのが、「ライバルをまねて稼ぐ」というノウハウの真意です。

 

理屈は理解できました。

 

しかし、これで本当に稼ぐことができるのでしょうか。

 

確かに他人の真似なので、準備時間はかからないのだと思うのですが、ライバルがひしめく市場で勝負できるというイメージが湧きません。

 

商材の内容をみても、そこのはほとんど触れられておりません

 

 リサーチ方法としてあげているモノレートは閉鎖になっている

 

 

 

近藤俊也 近藤式ネット物販スクール 特典 評価 レビュー 返金 評判 稼げない – 現役インフォプレナーJill

 

 

リサーチ方法としてあげているモノレートは、Amazonの規約違反があり、2020年6月30日を最後に閉鎖となってしまいました

 

Amazon上で転売を行っていた人にとっては、大打撃だったようです。

 

ネット上では代替え方法として、

 

・デルタトレーサー(DELTA TRACER)

・セラースプライト(SellerSprite)

・ショッピングリサーチャー

・ウォッチベル(Watchbell)

 

 

といったツールが紹介されています。

 

しかし、近藤式ネット物販スクールを販売しているサイト上には、リサーチ方法としてモノレートの名前が記載されています

 

情報の更新がされていないようです。これは信用できないと言わざるをえないですね。

 

 販売ページに記載されているコンテンツは具体性に欠けている

 

 

近藤駿介】「近藤式M&Aプログラム」は解約するべき?【詐欺・返金】

 

近藤式ネット物販スクールを販売しているサイト上には、情報教材としてのコンテンツが羅列されています。

 

かなり多くのコンテンツがあるように見えますが、よくよく見てみると、具体性にかけ、かさまししているような印象を受けます。

 

・ヤフオクの使い方

・ヤフオクリサーチ~基礎~

・ヤフオクリサーチ〜実践〜

 

さらには、文言からはどのようなノウハウが詰まっているのかがまったくわかりません。

 

このようなコンテンツが並んでいても、情報教材の内容を想像するのは難しいです。

 

 サポート期間が4ヵ月というのは長いか、短いか

 

近藤式ネット物販スクールの販売価格は398,000円とかなり高額です。

 

高額であるがゆえに購入者には直接サポートするサービスがついてきます。

 

サポート内容

・チャットワーク(期間中無制限)

・毎月1回のオンライン勉強会(実施目安時間:1時間)

・毎月1回の対面勉強会(実施目安時間:4時間)

 

但し、サポート期間は4ヵ月だということです。

 

たった4ヵ月でビジネスを軌道に乗せるのは難しいですから、高額の情報教材の割にはサポート期間が短すぎると思います

 

2.近藤式ネット物販スクールのまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

情報教材を販売するページの状況を見る限りでは、かなりずさんな管理がされており、信用できる情報教材ではないと判断しました。

 

サポート期間が短いのも、「売ってしまえば後は関係ない」という逃げの考え方からきているとしか思えません。購入は慎重に考えるべきです。

 

 

今だけ無料公開中です!

質問や相談はお気軽にどうぞ♪

おすすめの記事